買取られたPCはその後どのような形で活用されるの?

公開日:2022/03/15  


新しいPCを購入した際に多くの人が悩まされるのは「古くなったPCの処分」です。捨てるにはまだ綺麗な状態であっても、センシティブな情報を入れていたPCを売ることには躊躇う人も多いのではないでしょうか。しかし、買い取られたPCには有効な活用法への道が拓かれています。ぜひこの記事を参考にパソコンの売却を検討ください。

買取られたPCのその後の活用事例

古くなったけど売却は怖い、そう感じる方の多いPCですが買い取られたPCの行方を知ると印象が変わるでしょう。では、買い取られたPCにはどんな活用が待っているのでしょうか。主な活用事例は大きく分けて3つが挙げられます。

まず1つ目は「再販」です。本体が劣化し型式も古く、不備が見られるPCであっても適切に処理を行えば再販できます。型式の古いものであっても使い慣れた方からすると、最新のPCよりも欲しい場合も多く、常に再販への需要はあるのです。

2つ目は「レンタル」です。個人事業主や法人の方などを中心に事業所のパソコンは購入ではなくレンタルやリース契約にしている場合があります。短期的に事業所を開設する場合には、レンタルやリースの方が減価償却も不要となり会計処理も簡単だからです。また、レンタルやリース契約は一定期間を過ぎればまた最新の別の機器へ気楽に切り替えることができます。レンタルやリース業者は買取したPCを活用していることが多いのです。

最後は「マテリアルリサイクルによる資源化」です。と、耳にしてもどんな意味なのかは聞き慣れない言葉のためパッとは浮かびにくいかもしれません。PCをはじめとする電子機器の本体は実は宝、つまりマテリアル資源の山なのです。本体内部にはレアメタルや金属、特殊な加工がなされたプラスチックなどが眠っており、再利用が可能です。

こうした資源は高騰傾向にあり、リユースを求める企業が多くなっています。貴重な資源を再利用するためにも、PCは捨てるのではなく回収し、新たな命の息吹を得るべきなのです。

PCを買取に出す前のデータ消去は必ず行おう

大切な資源を生かすためにも、今まで使っていたPCが不要になる場合には売却を検討しましょう。では、いざ実際に売却をするとなると、知っておくべき注意点はあるのでしょうか。注意すべき点は「データの取り扱い」です。PC内にはこれまで、私的な写真や動画はもちろんのこと、大切な金融資産や会社の非公表の資料などが詰め込まれていたのではないでしょうか。これらは売却時には不要となります。

望まぬ情報流出を避けるためにも、買取依頼をする前にしっかりデータ消去を行いましょう。しかし、売却の前には故障や不備などを理由にデータ消去を行わない方も散見されます。では、データを消去しないまま売却してしまうとどんなデメリットがあるでしょうか。

データが残されている場合、初期化程度のデータ消去レベルなら簡単に復元されてしまうのです。私的な情報も企業情報も流布されてしまう可能性はもちろんのこと、クレジットカードなどの金融情報に不正アクセスが行われる可能性もあります。普段からごみ箱にこまめに不要なデータを捨てていてもPC本体には残されている情報も多いので、買取に出す前にはご自身の手でハードディスクを壊す、専用ソフトでデータを消去することがおすすめです。

買取時にPCのデータ消去をセットで行ってくれる業者も!

PC上にデータが残されたままであれば個人情報や企業情報が流布されてしまうリスクがある一方で、ハードディスクの破壊や専用ソフトでデータを消去するのは大変な徒労だと感じるのも無理はありません。一般のご家庭ならデータ削除の専用ソフトがなくても当然です。こうしたひと手間が面倒で、古いパソコンは家に眠っている方が多いのです。

そこで、買取の際のおすすめは「データ消去も行ってくれる買取業者を選ぶこと」。データ消去は手間もかかり、費用が気になる方も多いかもしれません。しかし、買取を実施している業者の中にはデータの消去を無料で実施しているところもあります。

また、別の業者の場合法人などのセンシティブな情報が多かったPCについては「データ消去部門」が専門性の高い技術でデータ消去を行っており、復元不可能な状態にしたうえで再販やリユースをしています。ご自身でハードディスクを破壊することはリスクもあり、せっかくのPCに大きなダメージを与えてしまうようです。

また、知人への譲渡を検討している場合も個人の大切な情報が流出する可能性は否定できません。買取であれば状態のあまりよくないPCであっても値段が付くこともあります。PCの買取に関して不安がある場合には、こうしたデータ削除に関するサービスが徹底されている業者を選んでみてはいかがでしょうか。

 

この記事では買取されたPCがどのように活用されるのかを中心に、データ削除の注意点などを紹介しました。私たちの暮らしに欠かせないPCの処分に困っている方は、この機会に買取を検討してはいかがでしょうか。買取の際には、しっかりと安心できる業者を通してデータ削除を忘れず行いましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

企業にとってパソコンは大事な仕事道具です。重要事項の取り扱いや取引先との連絡から経理など、すべてパソコンを利用します。それだけに、買い替えの際古いパソコンの処分は慎重に行わなければいけません

続きを読む

「パソコンが壊れたけど、どうやって処分すればよいのか分からない」「データを消したいけど、具体的なやり方が分からない」このページを見ているあなたには、今こんな悩みがあるでしょう。この記事を最後

続きを読む

あなたは今、不要になったパソコンの処分方法で困ってはいないですか?パソコンを処分するやり方はいくつもありますが、どれが自分に合った方法なのか分かりづらいですよね。今回は、そんなあなたに向けて

続きを読む

「パソコンの無料回収サービスってなんだか怪しい…」と考える人もいるのではないでしょうか。パソコンを手放したいけれど、万が一個人情報が流出したら怖いですよね。今回はパソコンの無料回収サービスの

続きを読む

「パソコンを廃棄したいけど、データ消去方法がわからない」とお悩みではありませんか?近年では情報漏洩が問題になっており、あいまいなままデータ消去をすると、社員の個人情報や取引先のデータが盗まれ

続きを読む

「パソコンを処分したいけど、トラブルが起きないか心配…」とお悩みではありませんか?パソコンは個人情報が詰まったものだからこそ、処分するときは不安になりますよね。そこで今回は、パソコンなどの電

続きを読む

「データ消去と初期化ってなにが違うの?」と疑問をお持ちの方は多いかもしれません。いっけん同じものに見えるデータ消去と初期化ですが、実はまったくの別物です。違いがわかっていないと、情報が漏れて

続きを読む

パソコンの廃棄に当たってデータ消去は実施していますか?もし、何の処理もせずにパソコンの廃棄をしているのであれば、あなたや会社は知らない内に非常に大きなリスクに晒されています。本記事では、デー

続きを読む

パソコン周辺の機器は中古市場も活況しています。実店舗やオンラインショップでも気軽に状態のよい中古電子機器が手に入りますが、「穴あきSSD」が販売されてしまった事件はご存じでしょうか。この記事

続きを読む

法人用PCのデータ消去の課題とは、企業情報の漏洩リスクです。とくに法人用となると企業責任は重大で、消去を誤れば補償問題や信用喪失など、多大な被害を受ける恐れがあります。そこでおすすめなのが、

続きを読む